発信する医師団

大野 洋平

大野 洋平(おおの ようへい)

(所属)
東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部 専攻医
(一社)日本肢体不自由者卓球協会 チームドクター・クラス分け担当
NPO法人患者スピーカーバンク  患者スピーカー(クローン病)
CCFJ(日本炎症性腸疾患協会)こどもキャンプ スタッフ

(資格等)
日本内科学会認定内科医/日本旅行医学会認定医/緩和ケア研修会受講/住環境福祉コーディネーター2級/実用英語技能検定2級/

(プロフィール)
1988年 岡山県生。中学から卓球部。
2008年 1年間の浪人生活を経て福岡大学医学部入学。
2008年 クローン病と診断される。
2014年 福岡大学医学部卒業。
2014−2016年 岡山大学病院で初期臨床研修。
2016−2018年 練馬光が丘病院総合診療科で後期研修。
2017年-(一社)日本肢体不自由者卓球協会チームドクター。
2018年- 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部所属
自身の経験から医療者と患者の関係に興味があり、患者としての講演活動やコミュニティ作りがライフワーク。卓球もライフワーク。

(得意ジャンル)
リハビリテーション/肢体不自由卓球/障がい者スポーツ/難病患者(特に炎症性腸疾患)

(一言)
医師と患者の立場を経験し、患者さんの力になれるよう精進しつつ自分も元気に楽しく日々を過ごしていきたいです。

メンバー一覧

  1. 榎木英介
  2. 森田 洋之
  3. 大野 洋平
  4. 福田 芽森
  5. 西 智弘
  6. 横山 太郎
  7. 中山祐次郎
    中山 祐次郎

    発信する医師団 代表
    「近所のお医者さん」の親しみと、「専門家」としての鋭い視線で発信したい。

  8. 石井 洋介
    石井 洋介

    クリエイティブ・エンタメ領域を医療情報発信で活用。患者・臨床・経営・政策全てのセクターを経験したことから、俯瞰した情報発信を心がけている。

PAGE TOP