発信する医師団

西 智弘

西 智弘(にし ともひろ)

川崎市立井田病院 腫瘍内科/緩和ケア内科
一般社団法人プラスケア代表理事
リレーショナルアーティスト


<資格等
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

プロフィール
2005年北海道大学卒。室蘭日鋼記念病院で家庭医療を中心に初期研修後、2007年から川崎市立井田病院で総合内科/緩和ケアを研修。その後2009年から栃木県立がんセンターにて腫瘍内科を研修。2012年から現職。現在は抗がん剤治療を中心に、緩和ケアチームや在宅診療にも関わる。また一方で、一般社団法人プラスケアを2017年に立ち上げ代表理事に就任。「暮らしの保健室」の運営を中心に、地域での活動に取り組む。

著書に『緩和ケアの壁にぶつかったら読む本』(中外医学社)、『「残された時間」を告げるとき』(青海社)がある

(代表発信例)
一般社団法人プラスケア
https://www.kosugipluscare.com/

(得意ジャンル)
抗がん剤、緩和ケア、在宅、リレーショナルアート、非営利法人経営、死生学

(一言)
「病気になっても安心して暮らせるまち」をつくりたい

メンバー一覧

  1. 榎木英介
  2. 森田 洋之
  3. 大野 洋平
  4. 福田 芽森
  5. 西 智弘
  6. 横山 太郎
  7. 中山祐次郎
    中山 祐次郎

    発信する医師団 代表
    「近所のお医者さん」の親しみと、「専門家」としての鋭い視線で発信したい。

  8. 石井 洋介
    石井 洋介

    クリエイティブ・エンタメ領域を医療情報発信で活用。患者・臨床・経営・政策全てのセクターを経験したことから、俯瞰した情報発信を心がけている。

PAGE TOP